睡眠薬 睡眠サプリ

睡眠サプリは全く効果なし?睡眠薬との違いは?

 

不眠症や寝付きの改善を目的とした睡眠サプリや睡眠薬が数多くあります。
睡眠薬は医師の診断の基に処方されますが、
睡眠サプリはドラッグストアや通信販売で誰でも手軽に購入することができます。
今回は、睡眠薬と睡眠サプリの違い、睡眠サプリの効果について説明します。

 

睡眠薬と睡眠サプリの違い

 

睡眠薬とは?

 

睡眠薬は、医師の診断により処方される「医療用医薬品」です。
症状に合わせた成分が配合されている薬が処方されるため、
睡眠サプリのように効果に個人差が出ることはほとんどありません。
睡眠薬の成分が直接脳に作用することから、同じ症状であれば誰にでも効果が期待できます。
なお、睡眠薬は即効性が高く、服用してしばらくすると眠気が生じるため不眠症の人でも眠ることができます。

 

ただし、睡眠薬は眠気を感じていない脳内を無理矢理睡眠状態にするため、

  • 変な時間に頭がぼーっとする
  • 身体が重く感じる
  • 薬が効かなくなる

などの副作用が起こる人が多いのが現状です。

 

睡眠薬を服用し始めた頃はすぐに眠れていたという人も、
服用を続けるうちに強い薬でないと眠れなくなってしまうことがあります。
また、精神的にも睡眠薬に依存するようになり、
睡眠薬を服用しなければ眠れなくなってしまったという人もいます。

 

睡眠薬は即効性こそ期待できるものの、持続力という点では睡眠サプリに劣ります。
睡眠薬は睡眠を促すための医薬品ですので、
「翌朝スッキリ目が覚める」「寝付きが良くなった」などの症状を改善する効果は期待できません。
あくまでもその場しのぎで症状を抑えるための薬に過ぎないのです。

 

しかし、睡眠サプリに比べて睡眠作用効果は高いため、

  • 睡眠サプリでは効果が得られなかった
  • 不眠症で夜眠れないのが辛い
  • 確実に眠りたい

という人にはおすすめの医薬品です。

 

睡眠サプリとは?

 

睡眠サプリは、ドラッグストアや薬局で購入できる「健康食品」です。
ドラッグストアや薬局では、一般用医薬品と健康食品が販売されています。

 

一般用医薬品とは、医師の処方箋が不要で購入できる医薬品のことです。
一般用医薬品は自分で選んで購入できますが、
中には薬剤師の対面で説明を受けてから購入できる「要指導医薬品」もあります。

 

健康食品とは、国の定めた医薬成分が含まれていない、健康を維持する目的で開発・製造された食品のことです。

 

睡眠サプリは不足した栄養素を補給することによって症状の改善を図るため、
睡眠薬のように即効性は期待できません。
また、睡眠サプリは睡眠薬と違って得られる効果には個人差があり、
「不眠症に効く」「眠りが改善する」と断言することも出来ません。

 

睡眠のサポートを目的とした健康食品ですので、足りない栄養素を補給するためのものだと考えると良いでしょう。
しかし、睡眠サプリは即効性には欠けるものの、日々の精神的ストレスの緩和や寝付きの改善、
リラックス作用など配合されている成分によって様々な不眠の原因に働きかけてくれます。
睡眠薬が「眠るための薬」だとするならば、
睡眠サプリは「本来の健康的な身体に近づけるためのサポートをしてくれるサプリメント」だと言えます。

 

睡眠サプリには、

  • 副作用が無く身体に優しい
  • ドラッグストアや薬局で手軽に購入できる
  • 眠りだけでなく様々な症状をサポートする成分が含まれている
  • 睡眠の質を高める

など様々なメリットがあります。

 

睡眠サプリには医薬成分が含まれておらず、主要成分はギャバやグリシンなどのアミノ酸成分やアミノ酢酸です。
そのため、睡眠薬のような副作用が起こる危険性はありません。
脳内を無理矢理睡眠状態にするようなこともないため、身体に負担をかけずに生活リズムを整えてくれます。

 

  • 副作用の心配をせず安心して服用したい
  • 身体の栄養を補給しながら体質を改善したい
  • 生活リズムを安定させたい

という人におすすめです。

 

人気の睡眠サプリはこちら→睡眠サプリ